Next Design
設計を本当の意味でデジタル化する次世代設計ツール
  • 開発プロセスの設計情報をそのままツールで表現
  • モデリングツールに文書・トレーサビリティ機能を融合
  • プロダクトライン開発支援機能を搭載
  • エクステンションで自由に拡張

MATTER大規模システム・ソフトウェア開発が抱える課題

システム・ソフトウェアはサービスの高度化によって大規模化・複雑化が進んでいます。
これに伴って会社・部署を跨いで複数のチームが並行するコンカレント開発が主流になっています。
システム・ソフトウェア開発においては、システムの全体から部分へ段階的に詳細化するトップダウン型開発アプローチは理想ではありますが、
既存資産を前提にしたボトムアップ型の変更開発・派生開発が多数を占めるのが現実です。

大規模開発では、あるべき姿である「トップダウン開発」と既存資産を活用する「ボトムアップ開発」の間の設計データ間のズレなど、
様々な不整合のすり合わせが企業・組織を横断して発生し、開発現場の大きな課題となっています。

CONCEPTツールを現場のプロセスに合わせるというアプローチ

Next Designはシステムとソフトウェア開発のための次世代設計ツールです。
各工程の設計情報の構造と関連を定義した「メタモデル」と、
それを表現するための図・文書表現である「ビュー定義」を開発現場の観点・用途に合わることで専用の設計ツールにできます。

従来方式

設計情報のデータベース(デジタル化)

ノンプログラミングで専用の設計ツールに

  • メタモデルで
    開発の特長を定義

    各工程の設計情報の構造と関連をクラス図で定義。
    製品ごとに異なる設計やプロセスを具現化します。

  • ビューで成果物の
    見た目を定義

    設計の観点や成果物の用途に合わせて定義。
    Wordライクな文書表示からExcelのようなグリッド、ダイアグラムまで同じ設計データを多彩な表現に切り替えることができます。

    *特許出願中

デジタル化

メタモデルで設計の
デジタル化を促進

一元化

システム設計からソフトウェア設計までの
設計情報のデータベース化を支援

メタモデルとビューで専用ツールに

現場の強みを活かしつつ、
開発の実情に合う設計ツールになります。

変更は他のビューも追従

設計者が設計内容を変更すれば、
関連するすべてのビューに自動で反映されます。
設計データは常に最新になり更新漏れの心配がありません。

FEATURE特長

Next Designはシステム・ソフトウェア設計を高度にサポートする様々な機能を搭載しています。
現場のプロセスにフィットした多彩な設計表現、チーム開発支援、品質保証で必要となる設計トレーサビリティ支援など、主な特長をご紹介します。

CASE適用例

トップダウン開発への適用例

それぞれの工程の成果物とその関連をメタモデルとして定義し、適切なビューを割り当てることで、
工程を跨いでアクセシビリティの高い運用が可能です。

  • 要件開発

  • システム設計

  • ソフトウェア設計

派生開発への適用事例

既存資産や固有のルールを活かして進めるボトムアップ開発にも適用できます。

  • 既存資産や制約をメタモデル化

    担当者の頭の中にしかない経験値や暗黙知をメタモデルとして具現化し、組織の標準設計手法にできます。

  • 開発ルール違反チェックのプラグインを追加

    製品固有の開発ルールへの違反チェック機能を追加し、既存資産に潜在している不具合も検出できます。

その他の設計への適用事例

  • UML/SysMLによるモデル表現

  • プロセス設計への応用例

    工程間の関連と成果物の要素をメタモデルで定義することで、
    プロセスの設計等にも応用ができます。

USER導入ユーザー

Next Design の主な導入企業様を紹介します。

設計を本当の意味でデジタル化する次世代設計ツール

製品価格や有償サポートサービスについてはこちらから