UmlSysmlSampleパッケージ

概要

  • UML/SysMLの図表現を記述できるサンプルです。
    • シーケンス図で、クラスの継承元の操作はメッセージで指定できない等の制約があります。
  • 本サンプルに含まれる設計データはすべて架空の内容です。
  • サンプルは、お客様が本製品を有効に活用頂く上で参考にしていただくことを想定したものであり、市場性、特定目的への適合性の保証を含め、当社は一切の保証は行いません。

image

パッケージ内容

ファイル名 カテゴリ 説明
UML_SysML.iproj サンプルプロジェクト UML/SysMLの図を記述したサンプルです。
UML_SysML.iprot テンプレート UML/SysMLの図を記述できるテンプレートです。
UML_SysML.iprof プロファイル UML/SysMLのプロファイルです。任意のプロジェクトへインポートすることもできます。

記述可能な図一覧

  • 本パッケージで記述可能な図と制約事項(一部のみ、詳細は後述)を示します。
対象 分類 対応 制約事項
全て -   -      ・ステレオタイプは図上では表現できません。サブエディタやプロパティインスペクタで確認/編集してください。
UML 構造 クラス図 ・static/abstractの属性は図上で表現できません。サブエディタやインスペクタで確認/編集してください。
・関連端名、多重度は表現できません。
・属性の型、初期値や操作の型、パラメータ等は図上で表現できません。サブエディタやインスペクタで確認・編集してください。
パッケージ図 -
オブジェクト図 clear 対応していません。
振る舞い ユースケース図 -
シーケンス図 ・状態不変式、継続時間制約、相互作用の利用は定義できません。
・フレームからメッセージを接続することはできません。
・要素のコピー&ペーストはできません。
・クラスの継承元の操作は、メッセージで指定できません。
コミュニケーション図(コラボレーション図) clear 対応していません。
状態遷移図 ・平行状態は定義できません。
・トリガ、ガードは図上で記述可能ですが、表記形式がUML標準と異なります。
・効果は図上では表現できません。サブエディタやインスペクタで確認・編集してください。
アクティビティ図 ・スイムレーンは定義できません。
実装 コンポーネント図 ・インターフェースはUML標準と異なる表現となります(クラス表示はできず、円で表現されます)。
配置図 -
SysML 要求 要求図 ・要求のIDは図上で表現できません。サブエディタやインスペクタで確認・編集してください。
構造 配置図 (UMLの配置図と同様))
ブロック定義図 ・ブロックの入出力ポートは、シェイプとして配置できません。コンパートメントで記述してください。
・関連端名、多重度は記述できません。
内部ブロック図 ・ブロック型は矩形のラベル表記になります。
・関連端名、多重度は記述できません。
パッケージ図 (UMLのパッケージ図と同様)
コンポジット構造図 (UMLのコンポーネント図と同様)
プロファイル図 clear 対応していません。
振る舞い ユースケース図 (UMLのユースケース図と同様)
アクティビティ図 (UMLのアクティビティ図と同様)
状態遷移図 (UMLのステートマシン図と同様)
シーケンス図 (UMLのシーケンス図と同様)
インタラクションオーバービュー図 clear 対応していません。
タイミング図 clear 対応していません。
パラメトリック パラメトリック図 ・制約内容や、制約パラメータの型表示はSysML標準とは異なります。

記述可能なモデル概要

  • モデルナビゲータでパッケージを追加することで、モデルのネームスペースを設計できます。
  • パッケージ配下に各図を追加し、モデリングすることができます。
    • 追加したモデルはパッケージや図の配下に配置されます。
  • クラス図など図から要素を削除してもモデル本体は削除されないものがあります。モデルを削除したい場合は、Ctrl+Dキーもしくはモデルナビゲータから削除してください。

クラス図

image

概要

  • クラスやインターフェース、およびそれらの属性、操作を記述できます。
  • クラス間の関係(継承や集約など)を記述できます。
    • 依存、関連、関連(単方向)、所有、集約、継承、実現が記述できます。
  • クラスのステレオタイプなどの詳細はサブエディタやインスペクタで記述できます。
    • クラスの説明、可視性、ファイナル、抽象型か、継承元、実装インターフェース、属性、操作を記述できます。

制約事項

  • static/abstractの属性は図上で表現できません。サブエディタやインスペクタで確認・編集してください。
  • 関連端名、多重度は表現できません。
  • 属性の型・初期値や操作の型・パラメータ等は図上で表現できません。サブエディタやインスペクタで確認・編集してください。
    • 型については、intやstringなどのプリミティブ型は別途定義した上で指定してください。
  • インタフェースのロリポップ表示はできません。
  • 一度追加したクラス間の関連の種類(依存・所有・集約等)は変更できません(作成しなおしてください)。
  • クラスの属性や操作の要素、コネクタにノートのアンカーを付けることができません。
  • パッケージとクラス間の所有の関係をコネクタで表現できません。
  • インタフェースの継承元にクラスを指定できてしまいます。
  • 循環継承を定義できてしまいます。
  • Finalクラスであってもサブクラスを定義できてしまいます。
  • 関連クラスは定義できません。

パッケージ図

image

概要

  • パッケージの構造や依存関係を記述できます。
  • サブエディタでは、パッケージ内容構成要素を一覧で確認できます。

制約事項

  • なし

ユースケース図

image

概要

  • ユースケースやアクターといった標準的なユースケース図を記述できます。
  • 記述した要素を選択することで、サブエディタで詳細情報を確認できます。
    • ユースケースの詳細ビューでは事前条件、事後条件、シナリオを記述することができます。

制約事項

  • システム境界、パッケージは矩形のシェイプで代用してください。

シーケンス図

image

概要

  • シーケンス図でモデルの振る舞いを記述できます。
    • ライフライン、複合フラグメント、破棄を記述できます。
    • 同期メッセージ、非同期メッセージ、応答メッセージ、生成メッセージ、破棄メッセージを記述できます。
  • モデルナビゲータから、アクター、コンポーネント、クラスをドラッグ&ドロップすることで、ライフラインとして配置できます。
    • メッセージを接続すると、コンポーネントのポート、クラスの操作をメッセージ内容として指定できます。
  • 記述した要素を選択することで、サブエディタで詳細情報を確認できます。

制約事項

  • 状態不変式、継続時間制約、相互作用の利用は定義できません。
  • フレームからメッセージを接続することはできません。
  • 要素のコピー&ペーストはできません。
  • クラスの継承元の操作は、メッセージで指定できません。
  • シーケンスにおけるメッセージ順序(GeneralOrderingと呼ばれる)を詳細に定義できません

状態遷移図

image

概要

  • 状態から状態への遷移を記述できます。
    • 状態(入場点、退場点)、開始、終了、履歴、統合、選択、平行、合流を記述できます。
  • 記述した要素を選択することで、サブエディタで詳細情報を確認できます。

制約事項

  • 平行状態は定義できません。
  • トリガ・ガードは図上で記述可能ですが、表記形式がUML標準と異なります。
  • 効果は図上では表現できません。サブエディタやインスペクタで確認・編集してください。
  • 状態の領域、リスト表示、機能は表現・記述できません。
  • 状態遷移表への変換はできません。

アクティビティ図

image

概要

  • アクティビティ図で制御の流れを記述できます。
    • アクション、オブジェクト、開始、終了、決定、マージ、平行、合流、シグナル送信、シグナル受信、時間イベント受理を記述できます。
    • 加えてアクションなどには入出力のアクションピンを指定できます。

制約事項

  • スイムレーンには対応していません。
  • アクションピンの表示位置がUML標準と異なります(ノードに重なるように表示されます)。
  • 平行/合流を縦方向に切り替えできません。表現するには各シェイプをリサイズ操作で変形してください。
  • 割り込み可能領域、拡張領域、例外は記述できません。

コンポーネント図

image

概要

  • コンポーネントの内部構造やコンポーネント間の相互作用を記述できます。
    • パッケージ、コンポーネント(ポート)、クラス、インターフェースを記述できます。
    • パッケージやコンポーネント間の関係(依存、関連、関連(単方向)、継承)を記述できます。

制約事項

  • インターフェースはUML標準と異なる表現となります(クラス表示はできず、円で表現されます)。
  • パートに対するポートの追加操作はできません(型のコンポーネントに追加することで自動で反映されます)。
  • ポート間は、インターフェースを介さず直接コネクタ接続できてしまいます。

配置図

image

概要

  • システムの物理配置を記述できます。
    • パッケージ、ノード、アーティファクト、コンポーネントを記述できます。
    • ノードやコンポーネント間の関係(依存、関連)を記述できます。

制約事項

  • 関連のステレオタイプ(Deployなど)は図上では表現できません。サブエディタやインスペクタで確認・編集してください。

要求図

image

概要

  • 要求図で要求の構造・詳細を記述できます。
    • 要求と要求間の関係(派生要求、コピー、満足、洗練、検証、トレース)を記述できます。
    • 要求に対するテストケースと関係(満足、洗練、検証、トレース)を記述できます。
  • モデルナビゲータから、ユースケース、コンポーネント、クラスなどをドラッグ&ドロップすることで、要素として配置できます。
    • 要素と要求の関係(満足、洗練、検証、トレース)を記述できます。
  • 要求やテストケースを選択すると、サブエディタで詳細をツリー構造で記述できます。

制約事項

  • 要求のIDは図上で表現できません。サブエディタやインスペクタで確認・編集してください。

ブロック定義図

image

概要

  • ブロック定義図でシステムの構造を記述できます。
    • パッケージ、ブロック、制約ブロック、バリュータイプ、ユニット、量種別を記述できます。
    • 各要素の関係(所有、集約、関連、依存)を記述できます。

制約事項

  • ブロックの入出力ポートは、シェイプとして配置できません。コンパートメントで記述してください。
  • 関連端名、多重度は記述できません。

内部ブロック図

image

概要

  • ブロックの内部構造を記述できます。ブロックの配下に図を作成して記述してください。
    • パート(入力ポート、出力ポート)、インターフェースを記述できます。

制約事項

  • 関連端名、多重度は記述できません。
  • パートに対応するポート追加操作はできません(型のコンポーネントに追加することで自動で反映されます)。

パラメトリック図

image

概要

  • パラメトリック図でシステム間の制約内容(数式等)を使って記述でき、パラメータなどを確認できます。
    • 制約(制約パラメータ)、バリューを記述できます。
    • 制約には制約内容を記述できます。
    • バリューと制約パラメータの関係(バインド)を記述できます。

制約事項

  • 制約内容や、制約パラメータの型表示はSysML標準とは異なります。
  • 制約パラメータの表示位置がUML標準と異なります(ノードに重なるように表示されます)。