FEATUREエクステンションを開発して機能拡張

Next Designではユーザが独自に機能を拡張できる「エクステンション」を開発することで更なるカスタマイズや効率化を行えます。開発現場の既存資産インポートや、固有の設計ルールに対する違反や設計情報間の不整合のチェック、影響範囲確認などのQCD向上にも利用できます。

また、エクステンションによって設計情報をエクスポートすることでコード生成やシミュレーターとの連携も可能となります。エクステンションは独自に開発もできますし、当社にご依頼いただく事で有償サービスとして開発可能です。有償サービスについてはこちらをご覧ください。

その適用例をご紹介します。

  • インポートによる既存資産のデジタル化

    ExcelやWord等で作成された開発現場の既存資産を Next Designへ取り込み。 画や文字の情報だった設計成果をスピーディに デジタル化することで、現場導入を支援します。

  • データの繋がりを表示して影響範囲を確認

    編集しようとするデータの影響がどこまで波及するのか、 キーワードで検索して設計書を探したりしなくても、 デジタル化された設計情報を活かして繋がりを表示することで 即座に確認できます。

  • 設計情報の不整合を即座に検出

    設計結果に不整合があれば、ボタン1つで即座に検出。 チーム間の意思疎通や委託先成果物の受け入れ確認等に 利用することで、早期にすり合わせて品質のフロント ローディングを加速します。

  • 開発現場固有のルールもチェック

    命名規則や記述ルールといった開発現場ごとの固有ルールに対する 整合性チェックも自動化できます。 設計者が設計しながら、自動チェックを行って、エラー箇所を 逐次表示させることも可能です。

  • 拡張機能をクラウドで配信

    エクステンションやプロジェクトのテンプレート、サンプル、 メタモデルやビュー定義をまとめたプロファイルをクラウド配信する 拡張機能の管理機能が搭載されています。 クラウド経由で順次公開していきます。

    また配信した機能にはバージョン管理機能が搭載されているので、 アップデートがあればワンクリックで更新できます。